相場のデータ・指標

「ドル円相場」のデータ分析(2019.3)(日米10年国債利回り・購買力平価・ソロスチャート)

ここでは、直近(2019年3月)の「ドル円相場」について、日米10年国債利回り、購買力平価、修正ソロスチャート(修正マネタリーベース比率)という3つの観点から見ていきたいと思います。

なお、各指標に関しては、以下の記事でそれぞれ詳しく解説していますので、よろしければご参照下さい。

1.日米10年国債利回りとドル円相場

まずは、米国の10年債利回りとドル円相場の推移を比較してみます。

米10年債利回りとドル円相場の推移を示した図(2019.3)

この図から、米長期金利は1980年代より右肩下がりの傾向となっているのに対して、ドル円相場の方は、概ね横ばい(ボックス圏)での推移となっていることが分かります。

そういった意味では、米長期金利だけを見た場合には、ドル安円高の余地があると言えそうです。

次に、米国と日本の10年国債利回りの差をドル円相場の推移と比較したのが以下の図です。

日米10年国債利回り差とドル円相場の推移を示した図(2019.3)

こちらの図では、ドル円相場の動きが、日米の長期金利差と概ね連動していることが見て取れ、直近における両者の乖離もほとんどありません。

2.購買力平価とドル円相場

次に、日米の購買力平価とドル円相場の推移を比較してみます。

なお、購買力平価(PPP)に関しては、日米の相対的購買力平価である、消費者物価PPP、企業物価PPP、輸出物価PPPを用いています。

日米の各種購買力平価とドル円相場の推移を示した図(2019.3)

この図からは、ドル円のレートは、企業物価PPPを上限、輸出物価PPPを下限として推移していた時期が長い中で、ここ数年は企業物価PPPより上での推移となっていることが分かります。

つまり、ドル円相場を購買力平価という観点から見た場合には、ドル安円高余地が大きいように思われます。

3.修正ソロスチャートとドル円相場

最後に、修正ソロスチャート(修正マネタリーベース比率)とドル円相場の推移を見ていきます。

修正ソロスチャートとドル円相場の推移を示した図(2019.3)

この図からは、ドル円相場と修正マネタリーベース比率との乖離は縮小傾向ではあるものの、ドル円のレートにはやや円高余地があるように思われます。

4.総括

ここでは、日米10年国債利回り、購買力平価、修正ソロスチャート(修正マネタリーベース比率)という3つの観点から、ドル円相場について見てきましたが、その全てで円高余地があるように見えました。

また、ドル円相場には、日米の金融政策が大きく関係してきます。

まず日銀は、3月14~15日の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決定していました。

続いてFRB(米連邦準備理事会)は、3月19~20日のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、政策金利(FF金利)を2.25~2.50%に据え置き、保有資産縮小も9月で終了することを決定しました。

そして、今後に関しては、FRBの年内利下げを見込む向きすらあります。

一方の日銀は、追加緩和の可能性について触れてはいるものの、金融機関の収益悪化などの副作用もあることから、実際に追加緩和を行うのは厳しいのではないかと思われます。

そういったことから、日米の金利差が縮小傾向となると、ドル安円高方向への動きとなることが予想されます。

もちろん、日米の金融政策は、世界景気の先行き次第ですが、その先行きを占う上で重要な位置づけにあると言えるのが米中貿易摩擦です。

この米中貿易摩擦は、ハイテク産業を巡る米国と中国の覇権争いという面が強いので、容易には収束せずに長引いたり、激化することが予想されます。

となると、景気減速から長期金利が低迷して、FRBが利下げに動くことも十分に考えられ、やはり円高方向への警戒が必要となるでしょう。

さて、年初の1月3日の午前7時過ぎに、ドル円相場が一時105円を割り込む「フラッシュ・クラッシュ」があったのは記憶に新しいところかと思いますが、先週21日(春分の日)にも午前3時過ぎに1円近くの急激な円高が見られました。

もしかすると、休日前後のドル円相場はヘッジファンドなどに狙われやすくなっているのかもしれませんが、ご存知のように来月4月末より、10連休という大型連休が控えています。

そう考えると、ドル円のショート・ポジションに関してはそのままで良いのかもしれませんが、ロング・ポジションは来月中旬頃までに解消、あるいは減らしておくことが望ましいでしょう。

また、場合によってはボラティリティの上昇に賭ける「バイボラ戦略」(ドル円のプット・オプション購入など)というのも面白いかもしれません。

 

「WTI原油」のデータ分析(2019.3)(CFTC建玉明細(投機筋)、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)、原油在庫統計(EIA・API))前のページ

「日経平均株価」のデータ分析(2019.3)(PER・PBR、海外投資家売買動向、日銀ETF買い入れ、ドル建て日経平均、NT倍率、バフェット指数、騰落レシオ、信用評価損益率)次のページ

関連記事

  1. 相場のデータ・指標

    「日経平均株価」のデータ分析(H30.10)(PER・PBR、海外投資家売買動向、日銀ETF買い入れ…

    この記事では、直近の「日経平均株価」について、PER・PBR、海外投資…

  2. 相場のデータ・指標

    2019年は「亥(い)固まる」?or「戌亥(いぬい)の借金」?

    この記事では、日経平均株価を十干十二支や陰陽五行論の時代論という観点か…

  3. 相場のデータ・指標

    「米国長期金利」のデータ分析(2019.12)(日本と中国の米国債保有額・FRB保有債券残高)

    この記事では、直近の「米国長期金利」について、日本と中国の米国債保有額…

  4. 相場のデータ・指標

    プット・コール・レシオのすべて

    この記事では、プット・コール・レシオについて、日本取引所グループやeワ…

  5. 相場のデータ・指標

    信用評価損益率で相場の底値圏を探る!

    この記事では、信用取引や信用評価損益率について説明しており、信用評価損…

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 投資戦略・手法・市場展望

    農作物と株価指数、長期金利の長期推移を比較してみよう!
  2. 投資戦略・手法・市場展望

    人工知能(AI)の進歩により、個人投資家は受難の時代となるか!?
  3. 投資の基礎知識・理論・心理

    アノマリーのまとめ
  4. 相場のデータ・指標

    「日経平均株価」のデータ分析(2020.9)(PER・PBR、海外投資家売買動向…
  5. 読書録・書評

    【読書録・書評】『改訂版 金持ち父さんの投資ガイド 上級編: 起業家精神から富が…
PAGE TOP