相場のデータ・指標

【2022年12月】「WTI原油」のデータ分析(CFTC建玉明細(投機筋)、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)、原油在庫統計(EIA・API))

ここでは、直近の「WTI原油」について、CFTC建玉明細の投機筋ポジション、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)、原油在庫統計(EIA・API)といった観点から見ていきたいと思います。

なお、各指標に関しては、以下の記事でそれぞれ詳しく解説していますので、よろしければご参照ください。

1.WTI原油とCFTC建玉明細(投機筋)

まず、CFTC建玉明細から投機筋のネットポジションの長期推移を、WTI原油先物価格とともに示したのが以下の図になります。

22年12月のWTI原油価格と投機筋ネットポジションの長期推移を示した図

また、この図から直近の推移だけを取り出して示したのが、以下の図です。

22年12月のWTI原油価格と投機筋ネットポジションの直近の推移を示した図

投機筋のネットポジションとWTI原油先物価格は、強い相関性を認めていましたが、コロナショック以降は相関性が弱まっていることが見て取れます。

ただ直近においては、投機筋のネットポジションの減少に伴って、WTI原油先物価格も調整しており、相関性を取り戻しているように見えます。

2.WTI原油とブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)

次に、市場が推測する期待インフレ率を示す指標である、ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)についてです。

このBEIの推移を、WTI原油先物価格とともに示したのが以下の図になります。

22年12月のWTI原油価格とブレーク・イーブン・インフレ率の推移を示した図

また、この図から直近の推移だけを取り出して示したのが、以下の図です。

22年12月のWTI原油価格とブレーク・イーブン・インフレ率の直近の推移を示した図

この図から、WTI原油先物価格とBEIとの間には、強い相関性があることが見て取れます。

そして直近では、BEIがやや低下したのに合わせて、WTI原油先物価格も調整の値動きとなっていることが分かります。

3.WTI原油先物価格と原油在庫統計(EIA・API)

最後に、原油在庫統計についてです。

まず、米国エネルギー情報局(EIA)の原油在庫統計の推移を、WTI原油先物価格とともに示したのが以下の図になります。(見やすくするために、右軸の原油在庫統計のスケールは反転しています。)

22年12月のWTI原油価格とEIAの原油在庫統計の推移を示した図

続いて、米国石油協会(API)の原油在庫統計の推移を、WTI原油先物価格とともに示したのが以下の図です。(見やすくするために、右軸の原油在庫統計のスケールは反転しています。)

22年12月のWTI原油価格とAPIの原油在庫統計の推移を示した図

これらの在庫統計を見ると、その増減はWTI原油先物価格の後追いとなっていることが分かります。

原油在庫の増減を見越して(先取りして)、原油価格が動いているのでしょう。

足元では、原油在庫の回復に伴って、WTI原油先物価格も調整していることが見て取れます。

4.総括

WTI原油先物価格は、直近では70ドル台半ばにまで調整しています。

この背景には、原油在庫の増加や、中国でのコロナウイルス感染者数の急増により需要減が懸念されたことなどがあるかと思われます。

さて、12月13日~14日のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、FRB(米連邦準備制度理事会)が利上げ幅を0.5%に縮小することがほぼ確実となっています。

そして、米中デカップリングの進展により、インフレがそう簡単に収まるとは思えず、仮に2023年中にFRBによる利上げが停止されたとしても、政策金利が高水準にある状況がしばらくは続くことになりそうです。

そうなると、過度な金融引き締めによる景気後退(オーバーキル)の可能性も十分に考えられ、原油需要減への懸念から、WTI原油先物価格は上値の重い展開が続くことになるのではないでしょうか。

【2022年12月】「東証REIT指数」の最新データ分析(NAV倍率・分配金利回り・TOPIX・東証1部株式の配当利回り・投信の資産増減状況)前のページ

【2022年12月】「ドル円相場」のデータ分析(日米10年国債利回り・購買力平価・ソロスチャート)次のページ

関連記事

  1. 相場のデータ・指標

    「ドル円相場」のデータ分析(H30.9)(日米10年国債利回り・購買力平価・ソロスチャート)

    この記事では、日米10年国債利回り、購買力平価、修正ソロスチャート(修…

  2. 相場のデータ・指標

    ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの最新ポートフォリオ(2021年3月末時点)

    この記事では、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの…

  3. 相場のデータ・指標

    「ドル円相場」のデータ分析(2019.9)(日米10年国債利回り・購買力平価・ソロスチャート)

    この記事では、日米10年国債利回り、購買力平価、修正ソロスチャート(修…

  4. 相場のデータ・指標

    【2022年7月】「米国株(S&P 500)」のデータ分析(PER・CAPEレシオ・ブルベ…

    この記事では、直近の「米国株(S&P 500)」について、PER・CA…

  5. 相場のデータ・指標

    「米国株(S&P 500)」のデータ分析(H30.9)(PER・CAPEレシオ・ブルベア指…

    この記事では、直近の「米国株(S&P 500)」について、PER・CA…

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 相場のデータ・指標

    【2021年9月】「東証REIT指数」の最新データ分析(NAV倍率・分配金利回り…
  2. 相場のデータ・指標

    「米国株(S&P 500)」のデータ分析(2021.3)(PER・CA…
  3. 相場のデータ・指標

    【2022年3月】「東証REIT指数」の最新データ分析(NAV倍率・分配金利回り…
  4. 読書録・書評

    【読書録・書評】『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』
  5. 相場のデータ・指標

    チェース・コールマン率いるタイガー・グローバル・マネジメントの最新ポートフォリオ…
PAGE TOP