相場のデータ・指標

農作物の海外ETF「インベスコ DB アグリカルチャー(DBA)」について、商品の構成比や長期推移を見てみよう!

1.国内外の商品(農産物)ETF

ここ最近、大豆やトウモロコシの価格上昇が見られていますが、これらを含めた農産物に投資する手段としては、商品先物取引以外に、ETF(上場投資信託)を利用することが考えられます。

具体的には、以下のようなETFになります。

  • 国内ETF
    • WT 農産物ETF(1687)‥信託報酬:0.49%
    • WT 穀物ETF(1688)‥信託報酬:0.49%
    • WT 小麦ETF(1695)‥信託報酬:0.49%
    • WT とうもろこしETF(1696)‥信託報酬:0.49%
    • WT 大豆ETF(1697)‥信託報酬:0.49%
  • 海外ETF(マネックス・楽天・SBI証券で取扱いの銘柄に限る)
    • インベスコ DB アグリカルチャー(DBA)‥信託報酬:0.89%

上記のように、国内ETFの方が、信託報酬が低く、「とうもろこし」や「大豆」など個別に投資することもできます。

ただ、農産物・穀物の国内ETFは、日々の出来高が少なく、流動性リスクが大きいのが難点となります。

ある程度まとまった数量の売買になると、希望通りの価格で約定しづらくなったり、約定に時間がかかってしまったりするのです。

また、私の利用しているマネックス証券では、上記の国内ETFはいずれも非取扱銘柄となっており、そもそも売買することができません。

そういったこともあり、ここでは、海外ETFの「DBA」について見ていきたいと思います。

2.「DBA」の概要

まず、DBAは、農作物などの先物価格に基づいた指数への連動を目指すETFになります。

DBAを構成する主な商品と、その構成比は、次の通りです。

  • Corn(トウモロコシ):13.50%
  • Soybeans(大豆):13.09%
  • Sugar(砂糖):12.75%
  • Wheat(小麦):12.25%
  • live Cattle(生牛):11.70%
  • Coffee(コーヒー):11.19%
  • Cocoa(ココア):10.45%
  • Lean Hogs(赤身豚肉):8.98%
  • Feeder Cattle(肥育素牛):3.72%
  • Cotton(綿花):3.04%

そして、DBAが設定された2007年1月以降のチャートを示したのが以下の図です。

DBAの設定来のチャート

このチャートを見ると、ほぼ一貫して右肩下がりとなっており、投資対象とはなり得ないように思われるかもしれません。

そこで、DBAを構成する主な商品の長期推移を見ていくことにします。

3.各農作物の長期価格推移と相関関係

まず、上記10種の長期推移を示したのが下図になります。

DBAを構成する商品10種の長期推移を示した図

また、ココアの価格変動が大きいため、ココアだけを除外したのが以下の図です。

DBAを構成する商品のうち、ココアを除いた商品9種の長期推移を示した図

この図から分かるように、穀物(トウモロコシ、大豆、小麦)は互いに強い相関関係を認めています。

さらに、穀物3種も除いたのが、次の図になります。

DBAを構成する商品のうち、ココアと穀物を除いた商品6種の長期推移を示した図

この図からはやや分かりにくいのですが、肉類(生牛、肥育素牛、赤身豚肉)は互いに強い相関を認めています。

一方で、砂糖とコーヒーの相関関係はかなり弱いものとなっています。

なお、穀物と肉類や、穀物と砂糖も割と強い相関を認めています。

4.疑似DBAの作成と、その長期推移

さて、DBAが設定されたのは、2007年1月ですので、当然ですが、それ以前の価格推移というものは存在しません。

そこで、DBAを構成する商品の構成比と、商品価格の長期推移から、「疑似DBA」なるものを作成してみたいと思います。

DBAを構成する各商品の価格を加重平均し、信託報酬(0.89%)を控除した価格の推移を、DBAとともに示したのが以下の図です。

信託報酬控除後の農作物10種加重平均価格とDBAの推移を示した図

両者を比較すると、やや乖離はあるものの、強い相関を認めていることから、この信託報酬控除後の農作物10種加重平均価格を「疑似DBA」とすることにします。

そして、この「疑似DBA」の長期推移を示したのが次の図になります。

信託報酬控除後の農作物10種加重平均価格の長期推移を示した図

すると、初めに見た、2007年1月以降のDBAのチャートとは大きく様相が異なることが分かります。

さて、少し長くなってしまったこともあり、DBAが投資対象として検討に値するかどうかの続きは、以下の記事で書いていますので、よろしければご参照ください。

3万円を超えた日経平均株価と個別銘柄前のページ

農作物と株価指数、長期金利の長期推移を比較してみよう!次のページ

関連記事

  1. 相場のデータ・指標

    製造業PMI(購買担当者景気指数)と株価指数(米国・日本・中国)

    この記事では、米国・日本・中国のそれぞれについて、製造業PMI(購買担…

  2. 相場のデータ・指標

    「東証REIT指数」のデータ分析(H30年6月)(NAV倍率・分配金利回り・TOPIX・東証1部株式…

    この記事では、直近の「東証REIT指数」について、NAV倍率・分配金利…

  3. 相場のデータ・指標

    米国債の長短金利差はバブル崩壊を予言するか?

    この記事では、米国債のイールド・カーブや、米国債の長短金利差とNYダウ…

  4. 相場のデータ・指標

    「米国長期金利」のデータ分析(2018.12)(日本と中国の米国債保有額・FRB保有債券残高)

    この記事では、直近の「米国長期金利」について、日本と中国の米国債保有額…

  5. 相場のデータ・指標

    中国・日本の米国債保有額と米国債価格

    この記事では、日本や中国などの米国債保有額と米10年国債価格との関係性…

  6. 投資戦略・手法・市場展望

    FRBの保有資産縮小と「米長期金利」

    この記事では、FRBによる保有資産残高の縮小という観点などから、米長期…

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 相場のデータ・指標

    【2022年3月】「ドル円相場」のデータ分析(日米10年国債利回り・購買力平価・…
  2. 相場のデータ・指標

    「ドル円相場」のデータ分析(2019.9)(日米10年国債利回り・購買力平価・ソ…
  3. 読書録・書評

    【読書録・書評】『超カリスマ投資系YouTuberが教える ゴールド投資――リス…
  4. 読書録・書評

    【読書録・書評】『早稲田とか東大の投資サークルが書いた「無敗の株本」』
  5. 投資の基礎知識・理論・心理

    アナリストなんて当てにならない!?
PAGE TOP