相場のデータ・指標

農作物の海外ETF「インベスコ DB アグリカルチャー(DBA)」について、商品の構成比や長期推移を見てみよう!

1.国内外の商品(農産物)ETF

ここ最近、大豆やトウモロコシの価格上昇が見られていますが、これらを含めた農産物に投資する手段としては、商品先物取引以外に、ETF(上場投資信託)を利用することが考えられます。

具体的には、以下のようなETFになります。

  • 国内ETF
    • WT 農産物ETF(1687)‥信託報酬:0.49%
    • WT 穀物ETF(1688)‥信託報酬:0.49%
    • WT 小麦ETF(1695)‥信託報酬:0.49%
    • WT とうもろこしETF(1696)‥信託報酬:0.49%
    • WT 大豆ETF(1697)‥信託報酬:0.49%
  • 海外ETF(マネックス・楽天・SBI証券で取扱いの銘柄に限る)
    • インベスコ DB アグリカルチャー(DBA)‥信託報酬:0.89%

上記のように、国内ETFの方が、信託報酬が低く、「とうもろこし」や「大豆」など個別に投資することもできます。

ただ、農産物・穀物の国内ETFは、日々の出来高が少なく、流動性リスクが大きいのが難点となります。

ある程度まとまった数量の売買になると、希望通りの価格で約定しづらくなったり、約定に時間がかかってしまったりするのです。

また、私の利用しているマネックス証券では、上記の国内ETFはいずれも非取扱銘柄となっており、そもそも売買することができません。

そういったこともあり、ここでは、海外ETFの「DBA」について見ていきたいと思います。

2.「DBA」の概要

まず、DBAは、農作物などの先物価格に基づいた指数への連動を目指すETFになります。

DBAを構成する主な商品と、その構成比は、次の通りです。

  • Corn(トウモロコシ):13.50%
  • Soybeans(大豆):13.09%
  • Sugar(砂糖):12.75%
  • Wheat(小麦):12.25%
  • live Cattle(生牛):11.70%
  • Coffee(コーヒー):11.19%
  • Cocoa(ココア):10.45%
  • Lean Hogs(赤身豚肉):8.98%
  • Feeder Cattle(肥育素牛):3.72%
  • Cotton(綿花):3.04%

そして、DBAが設定された2007年1月以降のチャートを示したのが以下の図です。

DBAの設定来のチャート

このチャートを見ると、ほぼ一貫して右肩下がりとなっており、投資対象とはなり得ないように思われるかもしれません。

そこで、DBAを構成する主な商品の長期推移を見ていくことにします。

3.各農作物の長期価格推移と相関関係

まず、上記10種の長期推移を示したのが下図になります。

DBAを構成する商品10種の長期推移を示した図

また、ココアの価格変動が大きいため、ココアだけを除外したのが以下の図です。

DBAを構成する商品のうち、ココアを除いた商品9種の長期推移を示した図

この図から分かるように、穀物(トウモロコシ、大豆、小麦)は互いに強い相関関係を認めています。

さらに、穀物3種も除いたのが、次の図になります。

DBAを構成する商品のうち、ココアと穀物を除いた商品6種の長期推移を示した図

この図からはやや分かりにくいのですが、肉類(生牛、肥育素牛、赤身豚肉)は互いに強い相関を認めています。

一方で、砂糖とコーヒーの相関関係はかなり弱いものとなっています。

なお、穀物と肉類や、穀物と砂糖も割と強い相関を認めています。

4.疑似DBAの作成と、その長期推移

さて、DBAが設定されたのは、2007年1月ですので、当然ですが、それ以前の価格推移というものは存在しません。

そこで、DBAを構成する商品の構成比と、商品価格の長期推移から、「疑似DBA」なるものを作成してみたいと思います。

DBAを構成する各商品の価格を加重平均し、信託報酬(0.89%)を控除した価格の推移を、DBAとともに示したのが以下の図です。

信託報酬控除後の農作物10種加重平均価格とDBAの推移を示した図

両者を比較すると、やや乖離はあるものの、強い相関を認めていることから、この信託報酬控除後の農作物10種加重平均価格を「疑似DBA」とすることにします。

そして、この「疑似DBA」の長期推移を示したのが次の図になります。

信託報酬控除後の農作物10種加重平均価格の長期推移を示した図

すると、初めに見た、2007年1月以降のDBAのチャートとは大きく様相が異なることが分かります。

さて、少し長くなってしまったこともあり、DBAが投資対象として検討に値するかどうかの続きは、以下の記事で書いていますので、よろしければご参照ください。

3万円を超えた日経平均株価と個別銘柄前のページ

農作物と株価指数、長期金利の長期推移を比較してみよう!次のページ

関連記事

  1. 相場のデータ・指標

    「Sell in May(5月に売れ)」を日経平均株価とS&P 500で検証!

    この記事では、「Sell in May(5月に売れ)」という有名なアノ…

  2. 相場のデータ・指標

    「WTI原油」のデータ分析(2020.6)(CFTC建玉明細(投機筋)、ブレーク・イーブン・インフレ…

    この記事では、直近の「WTI原油」について、CFTC建玉明細の投機筋ポ…

  3. 投資の基礎知識・理論・心理

    警戒域に入りつつある「ハイイールド債」

    この記事では、ハイイールド債の利回りや、長期金利とのスプレッドの推移な…

  4. 相場のデータ・指標

    ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの最新ポートフォリオ(2021年3月末時点)

    この記事では、ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの…

  5. 投資の基礎知識・理論・心理

    マネーストック(M2)増加は、金価格上昇につながるのか!?

    この記事では、マネーストックと金価格との関係について考察しています。…

  6. 相場のデータ・指標

    新値銘柄数で相場の天底を測れるか!?

    この記事では、新値銘柄数(新高値銘柄数と新安値銘柄数)の特徴や、その見…

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 相場のデータ・指標

    「ドル円相場」のデータ分析(H30.9)(日米10年国債利回り・購買力平価・ソロ…
  2. 相場のデータ・指標

    「ドル円相場」のデータ分析(2021.3)(日米10年国債利回り・購買力平価・ソ…
  3. 相場のデータ・指標

    ケン・フィッシャー氏率いるフィッシャー・インベストメンツの最新ポートフォリオ(2…
  4. 相場のデータ・指標

    プット・コール・レシオのすべて
  5. 相場のデータ・指標

    「東証REIT指数」のデータ分析(2020.6)(NAV倍率・分配金利回り・TO…
PAGE TOP