読書録・書評

【読書録・書評】『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(後半部分のレビュー)

ここでは、以下の書籍(後半部分)についてのレビューを書いていきたいと思います。

 

なお、前半部分のレビューは、以下の記事で書いていますので、よろしければご参照ください。

1.書籍の概要

まずは、本書の概要からです。

  • お役立ち度:
  • 難易度:
  • マニアック度:
  • 分類:株式投資、個別株、投資戦略

本書では、テクノロジー業界の4強とも言える、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの強みやその戦略について書かれています。

また、これら4強に続く企業は現れるのかといった検討や、これらの企業が市場を独占していくなかで、どのように生きていけば良いのかなどといったことも書かれています。

本書は全480ページにもわたる大作であるため、そのレビューも前半と後半に分けて書いていきたいと思います。

そして、ここでは第6章以降の後半部分についてレビューしていきます。

なお、本書の章立ては、以下のようになっています。

  • 第1章:GAFA-世界を創り変えた四騎士
  • 第2章:アマゾン-1兆ドルに最も近い巨人
  • 第3章:アップル-ジョブズという教祖を崇める宗教
  • 第4章:フェイスブック-人類の1/4をつなげた怪物
  • 第5章:グーグル-全知全能で無慈悲な神
  • 第6章:四騎士は「ペテン師」から成り上がった
  • 第7章:脳・心・性器を標的にする四騎士
  • 第8章:四騎士が共有する「覇権の8遺伝子」
  • 第9章:NEXT GAFA-第五の騎士は誰なのか
  • 第10章:GAFA「以後」の世界で生きるための武器
  • 第11章:少数の支配者と多数の農奴が生きる世界

2.GAFAに共通する8つの要素

前回は、本書の前半部分のレビューということで、GAFAについてそれぞれ見ていきましたが、第8章ではこれら四騎士に共通する要素として、次の8つが挙げられています。

それは、①商品の差別化、②ビジョンへの投資、③世界展開、④好感度、⑤垂直統合、⑥AI、⑦キャリアの箔づけになる、⑧地の利、になります。

そして、この第8章で参考になった記載は、以下のようなものです。

過去10年、世界で最重要な企業はデータのプロ-捕獲、分析、使用のプロ-になった。ビッグデータとAIの力によって、標本と統計の時代は終わりを告げようとしている。

つまり、これからはビッグデータを持つことができる、ごく一部の企業の優位性が増していくことになるということでしょう。

テクノロジー-ソフトウェア-は世界を支配しようとしている。いまはソフトウェアのプログラミングができるだけでは十分ではない。企業、あるいは消費者にとっての価値を上げる力とは技術の両方を追求するセンスを持つ人材が必要だ。そのような仕事ができるトップレベルのエンジニアとマネジャーの多くは、トップレベルの大学出身だ。

これは、トップレベルの希少な人材に富が集中するということであり、かなり厳しい現実だと言えます。

さらに今後50年、世界のGDPの成長は都市部で起きる。都市には最高の人材が集まるだけでなく、都市が最高の人材を生み出す。イギリスやフランスを含め、多くの国で国家のGDPの50%は都市部で生まれている。大企業の75%は、いわゆる巨大都市圏にある。今後25年間、この傾向はさらに進む可能性が高い。

こういったことなどを踏まえて、第10章では今後の世界で生きるための提言が行われています。

つまり、ブランド大学へ行ったり、ニューヨークやロンドンなどの世界的な経済中心地であるスーパーシティへと行くことが望ましいというのです。

3.次なるGAFAはどの企業か

第9章ではまず、過去の歴史から、GAFAが今後何十年も現在の地位にとどまることが出来るとは限らないと書かれています。

過去の歴史というのは、次のようなものです。

1950年代と1960年代にはIBMがエレクトロニクスの世界を支配していたのだ。それがハードウェアで乗り遅れた。IBMは巧妙なリーダーシップを発揮して、コンサルティング企業に移行した。

ヒューレット・パッカードが世界最大のテック企業だったのは、ほんの10年前のことだ。それがリーダーに恵まれず転落し、やがて崩壊した。

マイクロソフトはビジネスの世界全体、特にテクノロジー業界を震えあがらせ、1990年代には同社を止めるすべはないと思われていた。同社はいまでも巨大企業であり続けているが、世界を支配する宿命を背負った手のつけられない怪物だと思っている人はいない。

そして、現時点で、次なるGAFA、第五の騎士となる可能性のある企業として、アリババやテスラ、ウーバー、ウォルマート、マイクロソフト、エアビーアンドビー(Airbnb)、IBM、ベライゾン/AT&T/コムキャスト/タイム・ワーナーについて言及されています。

ただ、これらのどの企業も、帯に短し襷に長しといった感じで、第五の騎士となるにはどこか決定打に欠けるといった感が否めません。

4.これからの世界で生き残るには

第10章では、現在はデジタル経済によって勝者総取り経済となっており、超優秀な人間にとっては最高の時代だと書かれています。

「いまは億万長者(ビリオネア)になるのはかつてないほど容易だが、百万長者(ミリオネア)になるのはかつてないほど難しい時代だ」というのです。

そのような世界で個人が成功するために必要な特性について、第10章では書かれています。

その中には、先に触れた名門大学へ入るということも含まれ、ザッカーバーグやゲイツ、ジョブズは皆、大学を中退しているものの、大学での学びや人との出会いなどの経験が成功の役に立ったと言っています。

他にも、この章では様々なことについて触れられており、以下はそれらの一部を箇条書きにしたものになります。

  • 大学に行かない場合には、公認会計士や看護師、ヨガ・インストラクターなどの資格を取ることを考えよ。
  • 給料だけで大金持ちになることはできない。資産を増やして富を築くには株が必要だ。
  • 豊かさの定義は、不労所得が生活費を上回った状態である:豊かな生活への計画には、収入以下の生活、そして収入を生む資産形成が必要である。豊かさとはいくら稼ぐかよりも、きちんと計画を立てることなのだ。
  • 好きなことではなく得意なことでキャリアを築く(:後述)
  • 不満を口にしない
  • 平均に回帰することを覚悟する
  • セクシーな仕事は儲けが少ない:人気業種の最先端企業や、誰もが憧れるホットな業界は、労働への報酬が少なかったり、キャリアや安定した将来もない。

5.組織人か起業家か

これらのうち、「好きなことではなく得意なことでキャリアを築く」ということに関しては、次のように書かれています。

自分は何が得意なのかを(早いうちに)見極め、その道のプロとなるよう力を尽くす。大好きになる必要はないが、嫌いであってはいけない。訓練でプロのレベルに達するなら、世間から認知されて報酬を受けることで、それを好きになれるだろう。

やがてキャリアと専門分野を築いて、最も楽しめる面に集中することができるようになる。もし好きになれなくても、ある程度の資産ができたらやりたいことをやればいい。

また、起業に関しても触れられており、「成功する起業家の条件」として、以下の3つが挙げられています。

  1. 人前で失敗しても平気でいられるか
  2. 売り込みは好きか(できるか)
  3. 大企業で働くスキルに欠けているか

ここで、最後の3.については、次のように書かれています。

大企業で成功するのはそう簡単なことではなく、ほかでは見られないユニークなスキルが求められる。他人とけんかをせず、不公平やばかげたことに耐え、駆け引きすることも必要だ。そうすることで実力者に注目され、幹部レベルからも支援を取りつける。

もし大企業でうまくいっているのなら、リスクを考えたとき、そのままその仕事を続けたほうが裕福でいられるだろう。そして小さい企業で働く苦しみを味わわなくてすむ。大企業はあなたのスキルを伸ばすのには最適なプラットフォームだ。

逆にあなたが他人と仲良くできず、他人を信頼する能力を持たず、新しい製品やサービスについての自分のビジョンに病的なまでに執着するなら、あなたは起業するのに向いているかもしれない。

そして、この「成功する起業家の条件」というのは、起業することが誰にとっても最適だとは限らないということも示しています。

私たちは、起業家に対して華々しいイメージというものを抱いてしまいがちですが、その裏には非常に高い屍の山が築かれている、ということを忘れてはならないのです。

6.総括

本書の著者である、スコット・ギャロウェイは、連続起業家(シリアル・アントレプレナー)として9つの会社を起業し、自身の会社が四騎士によって息の根を止められる経験もしたと言っています。

また、ニューヨーク大学スターン経営大学院教授でもあり、学生たちにブランド戦略やデジタル・マーケティングを教えているとのことです。

つまり、GAFAやこれからの世界における人生・経営戦略について語るのに、とても相応しい人物だと言えます。

そして、GAFAによって勝者総取り経済が築かれていく中で、その戦略や強みなどについて知っておくことは、経営者が経営戦略を立てたり、長期投資家が有望銘柄を選別したりする上で、必須となってくるでしょう。

さらに、本書の後半、特に第10章の内容は、就活生をはじめとする若い世代にとっても、これからの人生戦略を考える上で有益なものとなるでしょう。

本書は、百万長者(ミリオネア)になるのがかつてないほど難しい時代において、競争で優位に立つための強みや見識を身につける手引きとなる一冊です。

 

関連記事

  1. 読書録・書評

    【読書録・書評】『やさしい低位株投資』

    この記事では、『やさしい低位株投資』という書籍のレビューを書いています…

  2. 読書録・書評

    【読書録・書評】『改訂版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!』

    この記事では、『改訂版 IPO投資の基本と儲け方ズバリ!』という書籍の…

  3. 読書録・書評

    【読書録・書評】『amazon 世界最先端の戦略がわかる』

    この記事では、『amazon 世界最先端の戦略がわかる』という書籍のレ…

  4. 読書録・書評

    【読書録・書評】『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?--その投資法と思想の本質』

    この記事では、『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?--…

  5. 読書録・書評

    【読書録・書評】『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』

    この記事では、『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』という書籍のレ…

  6. 読書録・書評

    【読書録・書評】『日本株で成功するバフェット流投資術』

    この記事では、『日本株で成功するバフェット流投資術』という書籍のレビュ…

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 読書録・書評

    【読書録・書評】『大予測 「投資テーマ」別 成長業界&企業 2018-…
  2. 相場のデータ・指標

    「WTI原油」の先物価格と米国の期待インフレ率(BEI:ブレーク・イーブン・イン…
  3. 相場のデータ・指標

    CAPEレシオ(シラーPER)やPERから見て、S&P500は割高か?…
  4. 読書録・書評

    【読書録・書評】『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』
  5. 相場のデータ・指標

    信用評価損益率で相場の底値圏を探る!
PAGE TOP