相場のデータ・指標

寅年の2022年、「寅千里を走る」となるか!?

毎年、年末年始の時期になると、干支(かんし、えと)と株式市場についての話題がよく出てきたりします。

今回は、新年を迎えた2022年の日経平均株価について、干支という観点から考えていきたいと思います。

その前にまずは、干支(かんし、えと)とは何かからです。

1.干支とは?

干支というのは、十干と十二支を組み合わせたもので、60通りのものがあります。

例えば、2020年は「庚子」2021年の干支は「辛丑」、2022年の干支は「壬寅」といった具合です。(読み方に関しては後述します。)

この干支のうち、十二支については比較的よく知られていますが、十干についてはあまり馴染みがないかもしれません。

干支の「」は、「」はという漢字の右側に含まれ、本来であれば枝よりも幹である十干の方が広く知れ渡っていてしかるべきといえるかもしれませんが、やはり十二支は動物で馴染みやすいというのが大きいのでしょう。

それでは、干支を具体的に見ていきますが、干支とその読み方を示したのが以下の表になります。

なお、十干については、読み方の参考のために、陰陽五行論における五行(木・火・土・金・水)と陰陽の分類についても載せてあります。

十干十二支の分類と読み方の表

2.十二支と日経平均株価

ここからは日経平均株価を干支の観点から見ていきますが、まずは馴染みのある十二支の方からです。

十二支に関しては、次のような相場格言がありますので、それと比較しながら検証していきたいと思います。

その相場格言とは、少し長いのですが、「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走る、卯は跳ねる」というものです。

これを相場の上下で解釈していくと、辰巳は天井、午は下落、未は横ばい~調整、申酉は乱高下、戌は上昇、亥は値固め、子は上昇、丑は調整、寅は大きく上昇、卯はもう一段高、といったところでしょうか。

そして、実際に日経平均株価の1914年から2021年までの年間騰落率に関して、十二支ごとに騰落率の平均値(%)、最大値(%)、最小値(%)および、上昇した回数、下落した回数、横ばいの回数を示したのが、以下の表になります。

1914年から2021年までの十二支ごとの年間騰落率の表

また、上記と同様のものについて、1950年以降で見たのが以下の表です。

1950年から2021年までの十二支ごとの年間騰落率の表

次に、この1914年以降、1950年以降のそれぞれについて、十二支ごとの年間騰落率の平均値をグラフにしたのが以下になります。

1914年から2021年までの十二支ごとの平均年間騰落率の図

1950年から2021年までの十二支ごとの平均年間騰落率の図

これらの表やグラフを見ながら、先の相場格言と比較してみます。

そうすると、「申酉騒ぐ」や「亥固まる」など、これだけでは何ともいえないようなものもありますが、いくつか特徴的なものを見ていきたいと思います。

まず、午年には平均して下落しており、その前の辰巳には上昇していることから、「辰巳天井、午尻下がり」は格言通りといえそうです。

また、「子は繁栄、丑つまずき」や「卯は跳ねる」も概ね当てはまっていそうです。

ただ、「寅千里を走る」に関しては、その言葉の印象とは逆に冴えない結果となっています(1914年以降:1勝8敗・平均-0.7%、1950年以降:1勝5敗・平均2.3%)。

ちなみに、昨年2021年(丑年)の日経平均株価は、「丑つまずき」となったかの判断は微妙なところですが、概ねレンジ相場を形成し、4.9%の上昇という結果でした。

そして、今年の十二支と同じ過去の寅年を見る限りでは、丑年と同様に、平均年間騰落率では低調なパフォーマンスとなっていることが分かります。

さらに、上の表から分かるように、1914年以降、1950年以降ともに、寅年では下落回数が最多となっており、上昇回数はたったの1回となっています。

3.十干と日経平均株価

続いて、十干についてです。

十干についても、日経平均株価の1914年以降および1950年以降(2018年まで)の年間騰落率に関して、十干ごとに騰落率の平均値(%)、最大値(%)、最小値(%)および、上昇した回数、下落した回数、横ばいの回数を見ていきます。

1914年から2021年までの十干ごとの年間騰落率の表1950年から2021年までの十干ごとの年間騰落率の表

そして、この1914年以降、1950年以降のそれぞれについて、十干ごとの年間騰落率の平均値をグラフにしたのが以下になります。

1914年から2021年までの十干ごとの平均年間騰落率の図

1950年から2021年までの十干ごとの平均年間騰落率の図

これらの表やグラフを見ると、「丁」や「庚」の年は冴えず、「己」や「壬」の年は平均して大きく上昇していることが分かります。

なお、「丁」の年というのは、西暦でいうと下一桁が「7」で終わる年になりますが、これに関しては「7の年のジンクス(アノマリー)」というものがあります。

これは、末尾が「7」で終わる年は相場が荒れるというもので、実際に以下のような出来事がありました。

  • 1987年:ブラックマンデー(10月19日)
  • 1997年:アジア通貨危機(7月~) (→1998年10月:LTCMショック)
  • 2007年:サブプライム問題 (→2008年9~10月:リーマン・ショック)

ただ、直近の2017年に関しては、日経平均株価は堅調な推移となり、特に相場が大きく荒れるようなことはありませんでした。

そして、今年2022年は「壬」の年ですが、勝率はそこまで高いわけではないものの、過去の平均年間騰落率を見ると、十干の中で最高のパフォーマンスとなっています。

さて最後に、陰陽五行論では現在がどのような時代なのかを見ていきたいと思います。

4.陰陽五行論の時代論から見る日経平均株価

陰陽五行論では、国家の動向を、その国の憲法施行日を起点として、50年サイクルで見ていく「時代論」という考え方があります。

日本の憲法施行日は1947年5月3日ですので、これを起点とし、10年ごとに次のような順で時代が移り変わっていきます。

  1. 動乱期:国の形が定まりきっていない、動乱の時代。1947~1956年、1997~2006年。
  2. 習得(教育)期:国が安定し、将来を担う人材が出始める時代。1957~1966年、2007~2016年。
  3. 平和(経済確立)期:人材が育ち、経済が繁栄する時代。1967~1976年、2017~2026年。
  4. 庶民台頭期:庶民に経済力がつき、庶民文化が花咲く時代。1977~1986年、2027~2036年。
  5. 権力期:官僚・政治家の支配力が強まり、国力が衰退する時代。1987~1997年、2037~2046年。

これを図にしたのが、以下の図です。

陰陽五行論における日本の時代論の図

ちなみに、この図にある鬼門(表鬼門・裏鬼門)を通過する時期には、鬼門通過現象といって、大きな事件や災害などが起こるとされています。

そして、2022年はどこに位置するかというと、なんと平和(経済確立)期にあります。

つまり、時代論からは、現在は経済が繁栄へと向かう時期であり、さらにその後2027年からの10年間は庶民にも恩恵が巡ってくる時代だと読み解くことができるのです。

5.総括

ここまで見てきたように、「壬寅」を過去の「壬」の年と「寅」年に分けてみると、「壬」の年と「寅」年とで、全く対照的な結果となりました。

ちなみに、「壬寅」という干支そのものは、一見穏やかそうでも、強い闘争心を併せ持ち、時に全てを破壊してしまうことがあるような性質を持ちます。

また、寅年は冬から春へと移行する初めの年でもあることから、様々な分野で新たな流れが始まる年にもなりそうです。

以上のことから、2022年の相場は、上下動のあるボラティリティが高い展開となることが予想されます。

一方で、寅年の後の卯年・辰年・巳年では、過去の平均年間騰落率で見ると、上昇が続くことが分かります。

また、陰陽五行論の「時代論」という長期的な観点からすると、憲法改正さえなければ、今後15年間前後にわたる日本の経済は明るいと言えます。

そういった意味では、今年2022年の相場において、大きく調整した局面は、絶好の仕込み時となるのではないかと考えています。

【2021年12月】「米国株(S&P 500)」のデータ分析(PER・CAPEレシオ・ブルベア指数・長短金利差)前のページ

【2021年12月末時点】ケン・フィッシャー氏率いるフィッシャー・インベストメンツの最新ポートフォリオ次のページ

関連記事

  1. 相場のデータ・指標

    「WTI原油」のデータ分析(2020.9)(CFTC建玉明細(投機筋)、ブレーク・イーブン・インフレ…

    この記事では、直近の「WTI原油」について、CFTC建玉明細の投機筋ポ…

  2. 相場のデータ・指標

    「米国長期金利」のデータ分析(2019.4)(日本と中国の米国債保有額・FRB保有債券残高)

    この記事では、直近の「米国長期金利」について、日本と中国の米国債保有額…

  3. 投資の基礎知識・理論・心理

    警戒域に入りつつある「ハイイールド債」

    この記事では、ハイイールド債の利回りや、長期金利とのスプレッドの推移な…

  4. 相場のデータ・指標

    「1月効果」や「10月効果」などのアノマリーを日米で検証!

    この記事では、「1月効果」や「新年度相場」、「夏枯れ相場」と「サマーラ…

  5. 相場のデータ・指標

    日銀のETF買い入れと日経平均株価

    この記事では、日銀によるETF買い入れの累計額を日経平均株価の推移と比…

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 相場のデータ・指標

    「WTI原油」のデータ分析(H30.9)(CFTC建玉明細(投機筋)、ブレーク・…
  2. 相場のデータ・指標

    「米国株(S&P 500)」のデータ分析(2020.9)(PER・CA…
  3. 相場のデータ・指標

    「米国株(S&P 500)」のデータ分析(2020.3)(PER・CA…
  4. 読書録・書評

    【読書録・書評】『日経新聞マジ読み投資術』
  5. 各種金融商品・制度

    東京証券取引所の市場改革(市場再編)
PAGE TOP