相場のデータ・指標

【2022年6月末時点】デビッド・テッパー氏率いるアパルーサ・マネジメントの最新ポートフォリオ

1.アパルーサ・マネジメント率いるデビッド・テッパー氏

今回は、デビッド・テッパー氏が率いる、アパルーサ・マネジメントの2022年6月末時点でのポートフォリオについて見ていきたいと思います。

デビッド・テッパー氏は、ヘッジファンド・マネージャーの運用報酬ランキングで、2009年、2012年、2013年にトップとなり、その後も、2016年3位、2017年5位、2018年3位と驚異的な成績を残しています。

特に2009年には、リーマンショック後に大きく売られた大手銀行株などを大量に取得し、辛抱強く持ち続けたことで、最終的に70億ドルもの利益を上げたと言われます。

また、2013年には、市場で不人気だった航空株への投資でリターンを出すなど、特定業種への集中投資で成果を出してきたことで知られています。

2.米証券取引委員会(SEC)への報告書提出義務

さて、デビッド・テッパー氏に限りませんが、著名投資家たちのポートフォリオを知ることができるのには理由があります。

これは、米国では運用資産が1億ドル以上の機関投資家は、四半期ごとに証券取引委員会(SEC)への報告書提出が義務付けられているためです。

この報告書は、SECのホームページから閲覧することができ、著名投資家たちのポートフォリオの保有銘柄や株数などを知ることができるのです。

ただ、各四半期末から45日以内が報告書の提出期限であることから、公開されたポートフォリオが最新のものであるとは限らない点には注意が必要です。

また、公開されるのは、米国上場株および、ロングポジションのみとなっています。

さて、各四半期から45日以内が提出期限ということから、2月中旬、5月中旬、8月中旬、11月中旬に報告書が更新されることが多くなります。

つまり、22年8月中旬には、著名投資家たちの22年6月末時点でのポートフォリオが数多く公開されるというわけです。

3.アパルーサ・マネジメントのポートフォリオ

それでは早速、アパルーサ・マネジメントの2022年6月末時点でのポートフォリオを見ていきます。(図では上位17銘柄を示しています。)

アパルーサ・マネジメントの2022年6月末時点でのポートフォリオを示した図

また、この四半期前の2022年3月末時点でのポートフォリオを示したのが下図になります。

アパルーサ・マネジメントの2022年3月末時点でのポートフォリオを示した図

この両者間の違いを際立たせるために、ポートフォリオ全体に対する影響度の大きかった銘柄を中心に見ていくことにしたいと思います。

4.デビッド・テッパーのポートフォリオ・マネジメントと総括

まず、22年4月から6月末までの間に、ポートフォリオ全体に対する増加率が0.8%以上であった銘柄について見ていきます。

ティッカー 銘柄名 増加率(%) 組入比率(%)
CEG Constellation Energy Corp 9.71 9.71(新規買い)
KSS Kohl’s Corp 2.63 4.20
CRM Salesforce Inc 2.07 2.07(新規買い)
APTV Aptiv PLC 1.40 1.4(新規買い)
META Meta Platforms Inc 1.11 10.12

次に、22年4月から22年6月末までの間に、ポートフォリオ全体に対する減少率が1.5%以上であった銘柄についても見ていきます。

ティッカー 銘柄名 減少率(%) 組入比率(%)
MU Micron Technology Inc -4.76 2.00
OXY Occidental Petroleum Corp -4.46 3.23
PCG PG&E Corp -2.51 0.47
XLE The Energy Select Sector SPDR Fund -2.13 0(完全売却)
GOOG Alphabet Inc -2.12 13.73
M Macy’s Inc -1.86 6.90
GT Goodyear Tire & Rubber Co -1.86 0(完全売却)
MOS The Mosaic Co -1.56 0.74
XOP SPDR Oil & Gas Exploration and Production ETF -1.53 0(完全売却)

まず何といっても、米大手クリーンエネルギー企業の「CEG(コンステレーション・エナジー)」をポートフォリオ全体の1割近くも新規買いしているのが目に付きます。

一方で、「OXY(オクシデンタル・ペトロリアム)」や「XLE(エネルギー・セレクト・セクター SPDRファンド)」、「XOP(SPDR S&P 石油・ガス探査・生産ETF)」、「EQT(EQT)」などのエネルギー関連を大きく売っています。

なお、22年1月から3月末までの間に新規買いしていた統合型リゾート運営の「LVS(ラスベガス・サンズ)」や「WYNN(ウィン・リゾーツ)」は完全売却となっていました。

また、同期間に大きく買い増していたライドシェアリングの「UBER(ウーバー・テクノロジーズ)」に関しても、保有株の半分ほどを売却していました。

そして、6月末時点から直近までにポートフォリオの内容に変更がなかったと仮定すると、アパルーサ・マネジメントのパフォーマンスは、7月末よりS&P 500をアウトパフォームした状態で推移しています。

ちょうど7月末より、「CEG(コンステレーション・エナジー)」の株価が急騰しており、直近に至るまで高値圏で推移していますが、他の銘柄も見た限り、ほぼこの「CEG」一銘柄が寄与していたと言えます。

22年6月末時点で、アパルーサ・マネジメントの保有銘柄数はわずか30銘柄に過ぎませんが、その中で1割近くも新規買いした銘柄がポートフォリオのパフォーマンス向上に大きく寄与するというのは、まさに神業としか言いようがありません。

デビッド・テッパーのポートフォリオ・マネジメントには引き続き、注目していきたいところです。

【2022年6月末時点】チェース・コールマン率いるタイガー・グローバル・マネジメントの最新ポートフォリオ前のページ

【2022年6月末時点】ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイの最新ポートフォリオ次のページ

関連記事

  1. 各種金融商品・制度

    「銀価格」を世界の需要と供給、特に工業用需要から考える!

    この記事では、銀相場について、世界の需要と供給、特に工業用需要という観…

  2. 相場のデータ・指標

    「米国株(S&P 500)」のデータ分析(2020.6)(PER・CAPEレシオ・ブルベア…

    この記事では、直近の「米国株(S&P 500)」について、PER・CA…

  3. 相場のデータ・指標

    底値圏の判断に有用! 乖離率の見方

    この記事では、過去30年以上におよぶ日経平均株価と乖離率との関係をもと…

  4. 相場のデータ・指標

    【2021年10月】「日経平均株価」のデータ分析(PER・PBR、海外投資家売買動向、日銀ETF買い…

    この記事では、直近の「日経平均株価」について、PER・PBR、海外投資…

  5. 相場のデータ・指標

    「WTI原油」の先物価格と米国の期待インフレ率(BEI:ブレーク・イーブン・インフレ率)

    この記事では、WTI原油価格について、期待インフレ率という観点から書い…

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 相場のデータ・指標

    景気動向と日経平均株価①
  2. 読書録・書評

    【読書録・書評】『株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書』
  3. 投資戦略・手法・市場展望

    台湾やレアアースを巡る、米中ハイテク摩擦
  4. 相場のデータ・指標

    【2022年3月末時点】チェース・コールマン率いるタイガー・グローバル・マネジメ…
  5. 読書録・書評

    【読書録・書評】『低位株で儲ける26のルール』
PAGE TOP