投資戦略・手法・市場展望

2020年IPO(新規株式公開)、初値大幅上昇銘柄の推移

1.2020年のIPO概要

昨年2020年には、93社がIPO(新規株式公開)しました。

また、上場初値は、公募・売り出し価格(公開価格)の平均2.3倍に達し、これは15年ぶりの高水準になります。

さらに、初値上昇率が5倍を超えたものには、以下の9社がありました。

  • ヘッドウォータース(4011) :AIシステム開発
  • フィーチャ(4052)     :画像認識ソフトウエア開発
  • タスキ(2987)       :投資用不動産の開発・販売
  • Branding Engineer(7352)  :IT人材派遣
  • ニューラルポケット(4056) :AIを使った画像解析
  • アクシス(4012)      :金融機関向けシステム開発
  • インターファクトリー(4057):ECシステム運営
  • アースインフィニティ(7692):新電力
  • MITホールディングス (4016):情報システム開発

2.初値上昇率5倍超銘柄の推移

ここでは、上記9銘柄の本日までの推移を見ていきたいと思います。

ヘッドウォータース(4011)

ヘッドウォータース(4011)のIPO後の推移

フィーチャ(4052)

フィーチャ(4052)のIPO後の推移

タスキ(2987)

タスキ(2987)のIPO後の推移

Branding Engineer(7352)

Branding Engineer(7352)のIPO後の推移

ニューラルポケット(4056)

ニューラルポケット(4056)のIPO後の推移

アクシス(4012)

アクシス(4012)のIPO後の推移

インターファクトリー(4057)

インターファクトリー(4057)のIPO後の推移

アースインフィニティ(7692)

アースインフィニティ(7692)のIPO後の推移

MITホールディングス (4016)

MITホールディングス (4016)のIPO後の推移

3.IPO直後の銘柄は避けよう

すると、全ての銘柄が上場初日の終値を下回っていることが見て取れます。

また、上場後から株価が上昇していく銘柄もいくつかありますが、その期間は長くても1週間ほどで、その後は下落トレンドとなっていることも分かります。

IPOでは、抽選に当選して、上場日に初値で売れば、大きな利益を得られる可能性があります。

その一方で、上場後すぐに購入した場合には、報われないことがほとんどであり、IPO株の多くは、ここで示したような経過をたどります。

にもかかわらず、IPOで初日に初値を大きく吊り上げてまで、買いに走る投資家が後を絶たないのは、株式市場が不合理であることを示す好例と言えるでしょう。

良識ある個人投資家は、IPO銘柄、少なくともIPO直後の銘柄には関わらないに越したことはないでしょう。

株式市場はバブルか? そして、2月に調整局面を迎えるのか?前のページ

3万円を超えた日経平均株価と個別銘柄次のページ

関連記事

  1. 投資戦略・手法・市場展望

    3万円を超えた日経平均株価と個別銘柄

    この記事では、日経平均株価上昇の背景と、個別銘柄の物色対象の変化につい…

  2. 投資戦略・手法・市場展望

    農作物と株価指数、長期金利の長期推移を比較してみよう!

    この記事では、農作物価格とS&P500、米長期金利、金価格の長期推移を…

  3. 投資戦略・手法・市場展望

    「米国株VS世界株」と「米国株VS先進国株」

    この記事では、米国の株価指数を、全世界や先進国の株価指数と比較しながら…

  4. 投資戦略・手法・市場展望

    米国債は安全な投資先なのか?

    この記事では、米国債を安全な投資先として、保守的な投資家がポートフォリ…

  5. 投資の基礎知識・理論・心理

    警戒域に入りつつある「ハイイールド債」

    この記事では、ハイイールド債の利回りや、長期金利とのスプレッドの推移な…

  6. 投資戦略・手法・市場展望

    台湾やレアアースを巡る、米中ハイテク摩擦

    この記事では、米中ハイテク摩擦のカギとなってくる、台湾およびレアアース…

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 読書録・書評

    【読書録・書評】『株価は「2つの波」で予測できる』
  2. 読書録・書評

    【読書録・書評】『うねり取り入門―株のプロへの最短コース』
  3. 相場のデータ・指標

    信用評価損益率で相場の底値圏を探る!
  4. 相場のデータ・指標

    【2022年4月】「米国株(S&P 500)」のデータ分析(PER・C…
  5. 相場のデータ・指標

    「WTI原油」のデータ分析(H30.6)(CFTC建玉明細(投機筋)、ブレーク・…
PAGE TOP