投資戦略・手法・市場展望

2020年IPO(新規株式公開)、初値大幅上昇銘柄の推移

1.2020年のIPO概要

昨年2020年には、93社がIPO(新規株式公開)しました。

また、上場初値は、公募・売り出し価格(公開価格)の平均2.3倍に達し、これは15年ぶりの高水準になります。

さらに、初値上昇率が5倍を超えたものには、以下の9社がありました。

  • ヘッドウォータース(4011) :AIシステム開発
  • フィーチャ(4052)     :画像認識ソフトウエア開発
  • タスキ(2987)       :投資用不動産の開発・販売
  • Branding Engineer(7352)  :IT人材派遣
  • ニューラルポケット(4056) :AIを使った画像解析
  • アクシス(4012)      :金融機関向けシステム開発
  • インターファクトリー(4057):ECシステム運営
  • アースインフィニティ(7692):新電力
  • MITホールディングス (4016):情報システム開発

2.初値上昇率5倍超銘柄の推移

ここでは、上記9銘柄の本日までの推移を見ていきたいと思います。

ヘッドウォータース(4011)

ヘッドウォータース(4011)のIPO後の推移

フィーチャ(4052)

フィーチャ(4052)のIPO後の推移

タスキ(2987)

タスキ(2987)のIPO後の推移

Branding Engineer(7352)

Branding Engineer(7352)のIPO後の推移

ニューラルポケット(4056)

ニューラルポケット(4056)のIPO後の推移

アクシス(4012)

アクシス(4012)のIPO後の推移

インターファクトリー(4057)

インターファクトリー(4057)のIPO後の推移

アースインフィニティ(7692)

アースインフィニティ(7692)のIPO後の推移

MITホールディングス (4016)

MITホールディングス (4016)のIPO後の推移

3.IPO直後の銘柄は避けよう

すると、全ての銘柄が上場初日の終値を下回っていることが見て取れます。

また、上場後から株価が上昇していく銘柄もいくつかありますが、その期間は長くても1週間ほどで、その後は下落トレンドとなっていることも分かります。

IPOでは、抽選に当選して、上場日に初値で売れば、大きな利益を得られる可能性があります。

その一方で、上場後すぐに購入した場合には、報われないことがほとんどであり、IPO株の多くは、ここで示したような経過をたどります。

にもかかわらず、IPOで初日に初値を大きく吊り上げてまで、買いに走る投資家が後を絶たないのは、株式市場が不合理であることを示す好例と言えるでしょう。

良識ある個人投資家は、IPO銘柄、少なくともIPO直後の銘柄には関わらないに越したことはないでしょう。

株式市場はバブルか? そして、2月に調整局面を迎えるのか?前のページ

3万円を超えた日経平均株価と個別銘柄次のページ

関連記事

  1. 投資戦略・手法・市場展望

    株式市場はバブルか? そして、2月に調整局面を迎えるのか?

    この記事では、リディキュラス・インデックスやSPAC(特別買収目的会社…

  2. 投資戦略・手法・市場展望

    「インカムゲイン」か「キャピタルゲイン」か

    この記事では、「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」について考察して…

  3. 投資戦略・手法・市場展望

    FRBの保有資産縮小と「米長期金利」

    この記事では、FRBによる保有資産残高の縮小という観点などから、米長期…

  4. 投資戦略・手法・市場展望

    イールドスプレッドから見た米国株(S&P 500)

    この記事では、米国の代表的な株価指数であるS&P500と、そのイールド…

  5. 投資戦略・手法・市場展望

    活況を呈す「インバース型ETF」と「レバレッジ型ETF」

    この記事では、「インバース型ETF」・「レバレッジ型ETF」と、今後の…

  6. 投資戦略・手法・市場展望

    東証REIT指数は今が狙い目か?

    この記事では、コロナ前後より現在に至るまでの、国内上場の各種REIT …

書籍を出版しました!

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 読書録・書評

    【読書録・書評】『10万円から始める! 割安成長株で2億円』
  2. 相場のデータ・指標

    「ドル円相場」のデータ分析(H30年6月)(日米10年国債利回り・購買力平価・ソ…
  3. 相場のデータ・指標

    ソロスチャートから見る「ドル円相場」
  4. 投資戦略・手法・市場展望

    株式市場はバブルか? そして、2月に調整局面を迎えるのか?
  5. 読書録・書評

    【読書録・書評】『株式成功の基礎―10億円儲けた人たち』
PAGE TOP