相場のデータ・指標

世界の合計という視点で、「バフェット指数」を考える!

1.世界の名目GDPと世界の株式時価総額

バフェット指数で相場の天底を見極める!のところで、日本の名目GDP株式時価総額から株式市場の情勢をはかるバフェット指数について書きました。

バフェット指数では、バフェット指数が100を超えてくる、すなわち株式時価総額が名目GDPを超えてくると、市場は過熱圏にあるという見方をしました。

そして、ここでは日本やアメリカなどといった国単位ではなく、世界の合計という観点から、バフェット指数のときと同様に名目GDPと株式時価総額とを比較していきたいと思います。

なお、世界計の名目GDPについては、IMF(国際通貨基金)の統計数値を、世界計の株式時価総額については、世界WFE(国際取引所連合)の統計数値を用いています。

2.世界計の株式時価総額の見方

では早速ですが、世界計の株式時価総額と名目GDPの2004年1月以降の推移を表したのが以下の図になります。

(世界計)時価総額と(世界計)名目GDPの推移(2004年1月~)

この図からはいくつか読み取れることがありますので、左から古い順に見ていきたいと思います。

まず、2007年の春頃から年末にかけて、株式時価総額が名目GDPを超えています。

その後、株式時価総額はピークアウトして、2008年9月のリーマンショックで大きく下落しています。

次に、2011年の5月中に名目GDPの水準にまでは届いていないものの、株式時価総額がピークを打っています。

その後、2011年8月には米国債ショックがありました。

これは、8月5日にアメリカの格付け機関であるS&Pが、米国債の格付けを引き下げた(AAAからAA+に)ことによるもので、世界の株式市場が影響を受けました。

そして、2015年の6月には、株式時価総額が名目GDPの水準にあと一歩のところまで迫っており、そのすぐ後の2015年8月の中国ショックによる世界同時株安がありました。

最後に、直近において株式時価総額が名目GDPを上回ってきていることが分かります。

3.世界計の株式時価総額の考え方

以上のことから、次のようなことが言えそうです。

  1. 株式時価総額が名目GDPを超える水準では、相場の調整に注意が必要。
  2. 日本やアメリカなどの株式市場が調整する前に、世界計の株式時価総額がピークアウトする傾向がある。

このうちBについては、仮説ではありますが、先進国の株式市場が調整する前に、まず新興国の株式市場から資金が引き揚げられることによって、世界計の株式時価総額が下落するということが考えられます。

それにより、世界計の株式時価総額が金融危機の先行指標として使える可能性があるということです。

そして、直近では株式時価総額が名目GDPを上回っており、この株式時価総額のピークアウトには今後、注意を払う必要がありそうです。

 

関連記事

  1. 相場のデータ・指標

    信用評価損益率で相場の底値圏を探る!

    この記事では、信用取引や信用評価損益率について説明しており、信用評価損…

  2. 相場のデータ・指標

    プット・コール・レシオのすべて

    この記事では、プット・コール・レシオについて、日本取引所グループやeワ…

  3. 相場のデータ・指標

    信用取引残高(信用残)の意外な検証結果と新たな指標!

    この記事では、信用取引残高(信用残)について、金額ベースのものと株数ベ…

  4. 相場のデータ・指標

    中国・日本の米国債保有額と米国債価格

    この記事では、日本や中国などの米国債保有額と米10年国債価格との関係性…

  5. 相場のデータ・指標

    2種の「ブルベア指数」。一方は無用だが、もう一方は有用か!?

    この記事では、2種類のブルベア指数について、その比率などを米国の代表的…

  6. 各種金融商品・制度

    「銀価格」を世界の需要と供給、特に工業用需要から考える!

    この記事では、銀相場について、世界の需要と供給、特に工業用需要という観…

電子書籍(3冊全て、Amazonランキング1位獲得)

「マーケットの魔術師」ならぬ「マーケットの詐欺師」

精神科医が暴く金融業界の裏側

 

勝者の心構え

精神科医が看破する投資の本質

 

 

 

この心理的罠からあなたは逃れられるか

精神科医が洞察する投資家心理

 

  1. 投資の基礎知識・理論・心理

    ランダムウォーク理論と著名投資家
  2. 各種金融商品・制度

    「金投資」:金相場の歴史や、主要通貨・市場金利・物価との比較で考える!
  3. 相場のデータ・指標

    「ドル円相場」を日米の国債利回りから見る!
  4. 相場のデータ・指標

    FRBの量的緩和政策(QE)と「米長期金利」
  5. 相場のデータ・指標

    投資部門別売買状況(投資主体別売買動向)を読み解く! その壱
PAGE TOP